自分の所有する車を売るときにはたくさんの書類が

自分の所有する車を売るときにはたくさんの書類が

自分の所有する車を売るときにはたくさんの書類が必要になってきます。

複数の書類が必要になると言っても、車関連の書類を紛失したりせずに全部きちんと管理していて、尚且つ苗字や住所などの変更がないのであれば、自動車売却にあたって新規に取得が必要なのは印鑑証明書のみです。

自動車保有者の全員が加入を義務づけられているのが自賠責保

自動車保有者の全員が加入を義務づけられているのが自賠責保

自動車保有者の全員が加入を義務づけられているのが自賠責保険ですが、この保険はある条件を満たしていれば車を引き払う際に保険金の還付を受けることが可能なのです。

一定の条件というのは、そのまま廃車にする場合で、そのとき自賠責保険の残りがひと月以上余っているケースです。

一般的に事故車というのは、事故などで破損し

一般的に事故車というのは、事故などで破損し

一般的に事故車というのは、事故などで破損した車全般を言いますが、これは中古車査定で使われる場合とは異なってきます。中古車の査定の定義の場合だと、交通事故などが原因で自動車のおおもと部分を交換しているか、改修したものが事故車と言うのです。

車を査定する際には車の所有者が必ずそこ

車を査定する際には車の所有者が必ずそこ

車を査定する際には車の所有者が必ずそこにいる必要があるなどといったルールこそないものの、やはり本人不在で起こりうるトラブルを避けるためになるべく所有者本人が査定に立ち会うべきです。

今どき悪徳業者なんていないと思うかもしれませんが、悪質な例では、誰も見ていないから証拠は残らないだろうと、元はなかったところに傷をつけるという悪質な手段で少しでも買取価格を安くあげようとすることもあります。